img
最近のお知らせ一覧BackNumber

「自殺に傾く若者への対応に関する提言」
座間市の事件を機に社会問題となっている自殺に傾く若者への対応について、本学会は、
1)自殺願望の心理的背景の正しい理解、
2)インターネット上の自殺関連情報の適正化、
3)若者の自殺に関連する慎重な報道、
4)インターネットを含むハイリスク者への包括的な自殺予防対策の推進、を政府、行政機関、報道機関の皆様に提言いたします。

【お知らせ】
2018年2月1日より事務局問い合わせ先が変更になりましたのでご注意下さい。
会員の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


診療報酬項目「救急患者精神科継続支援」にかかる要件研修「自殺再企図防止のための救急患者精神科継続支援研修会」に関するご案内

詳細はこちら


第42回一般社団法人日本自殺予防学会総会のお知らせ

大会テーマ: あるべきように生きる-地域のつながりの中で自殺を防ぐ-
会期:2018年9月21日(金)~23日(日)
会場:橿原市立かしはら万葉ホール(奈良県橿原市八木町1-1-18)
大会長:岸本年史(奈良県立医科大学精神医学講座教授)
副大会長:小林茂樹(奈良いのちの電話協会理事長)
「3月30日 一般演題の募集を開始いたしました。応募については、下記のリンクをご参照ください。」
「一般演題の募集が、5月31日(木)正午から6月30日(土)正午に変更となりました。」
http://www.congre.co.jp/jasp2018/subject.html


認定研修会(自殺予防ゲートキーパー研修会の作り方)の内容はこちらをご覧下さい。
事前お申し込みは9月12日(水)までお受付しております。
※ご入金は9月14日(金)までにお願いいたします。

平成30年度自殺予防週間について

9月10日(月)~16日(日)は「自殺予防週間」です。
厚生労働省自殺対策推進室は9月10日の世界自殺予防デ-にちなんで、毎年9月10日からの一週間を自殺予防週間としております。
当学会もこの取り組みに賛同しております。詳細は以下のリンクをご覧下さい。

厚生労働省 自殺予防週間
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130808.html

厚生労働省 自殺総合対策推進センター
https://jssc.ncnp.go.jp/index.php


マイページ設置のお知らせ

「マイページ」(会員専用ページ・会員のみ接続可能)を開設いたしました。
登録内容の変更、年会費の納入状況の確認、会員名簿の閲覧ができるようになります。
URL:https://iap-jp.org/jasp/mypage/login/login

ログインするための会員番号、パスワードは6月末にお送りする年会費請求書に記載されています。
ご不明な場合は事務局までお問い合わせ下さい。


「救命救急センターに搬送された自殺未遂者の自殺企図の再発防止に対する複合的ケース・マネージメントに関する研修会」開催のお知らせ

一般社団法人日本自殺予防学会が協力団体となり、今年度中に、あと3回の研修会を開催いたします。すでに関西地区研修会2の応募は締め切りましたが、残り2回の受講を希望するかたは、下記の公募案内をよく確認したうえで応募してください。

関西地区研修会2

1.日時:
2017年12月23日(土)9:30-18:00
2017年12月24日(日)9:00-17:00

(全プログラムを受講していただくことで受講終了となりますので、二日間参加できる方のみ募集します。本研修会は、本研修会は、診療報酬算定要件研修であり、規定に則り実施されます。遅刻・途中退出の場合はいかなる理由でも修了書は発行されません)

2.場所:梅田ガクトホール
〒530-0001大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田14F
http://www.nagumo.or.jp/osaka/info.php
3.参加資格:以下のすべての条件を満たす方
  1. 医療者(医師、看護師、ソーシャルワーカー、心理士、作業療法士)
  2. 所属施設がリエゾン診療報酬加算要件を満たすか、あるいは近々に満たす予定(すでに厚生局に届け出済みなど)のある施設
  3. 全日程・全プログラムに参加できる方(本研修会は、診療報酬算定要件研修であり、規定に則り実施されます。遅刻・途中退出の場合はいかなる理由でも修了書は発行されません)
  4. 医療機関の長(病院長)の推薦を得ることができる方
4.申し込み方法:
本ページ下部の「受講申込書」からリンクするPDFファイルに下記の必要事項を記入し、用紙に示された方法で送付してください。受講者お一人につき一枚の用紙でお申し込みください。必要事項は以下の通りです。
  1. 名前
  2. 所属(施設名、勤務先住所、部署名、採用職種名)
  3. 専門職としての資格と資格取得年月日
  4. 臨床経験年数
  5. 必ず連絡の取れる電子メールアドレス(携帯メールアドレス以外)
受講候補者となられた方には、追ってご連絡し、必要書類等について御説明・配信いたします。
5.申し込み期間:
2017年10月23日(月)- 11月24日(金)(正午)
6.担当:下田重朗(奈良県立医科大学附属病院精神医療センター)
Tel: 0744-22-3051(代) 内線:5120、5916
Mail:pack-cm@naramed-u.ac.jp
7.注意事項(必ずご確認ください)
  1. 受講可能人数に限りがあります(定員24人の予定)。申し込み多数の場合は、申し込み順と参加資格を確認のうえ主催者側で参加者を確定しますので、申し込みされても受講をできない場合があることをご承知ください。なお、本研修会の内容は多職種協働を旨とすることから、医師と医師以外の医療従事者の複数参加を希望する施設からの受講参加を優先いたします。
  2. 受講確定と参加意思確認のやりとり、受講前の資料配信などはすべて電子メールで行いますので、必ず頻回に電子メールを確認してください(一両日で参加確認が取れない場合は、キャンセルとさせていただき次のかたに参加権利をお回しします)。
受講申込書(平成29年12月後半 関西2)

関東地区研修会

1.日時:
2018年2月3日(土)9:30-18:00
2018年2月4日(日)9:00-17:00

(全プログラムを受講していただくことで受講終了となりますので、二日間参加できる方のみ募集します。本研修会は、本研修会は、診療報酬算定要件研修であり、規定に則り実施されます。遅刻・途中退出の場合はいかなる理由でも修了書は発行されません)

2.場所:慶應義塾大学 信濃町キャンパス
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/shinanomachi.html
3.参加資格:以下のすべての条件を満たす方
  1. 医療者(医師、看護師、ソーシャルワーカー、心理士、作業療法士)
  2. 所属施設がリエゾン診療報酬加算要件を満たすか、あるいは近々に満たす予定(すでに厚生局に届け出済みなど)のある施設
  3. 全日程・全プログラムに参加できる方(本研修会は、診療報酬算定要件研修であり、規定に則り実施されます。遅刻・途中退出の場合はいかなる理由でも修了書は発行されません)
  4. 医療機関の長(病院長)の推薦を得ることができる方
4.申し込み方法:
本ページ下部の「受講申込書」からリンクするPDFファイルに下記の必要事項を記入し、用紙に示された方法で送付してください。受講者お一人につき一枚の用紙でお申し込みください。必要事項は以下の通りです。
  1. 名前
  2. 所属(施設名、勤務先住所、部署名、採用職種名)
  3. 専門職としての資格と資格取得年月日
  4. 臨床経験年数
  5. 必ず連絡の取れる電子メールアドレス(携帯メールアドレス以外)
受講候補者となられた方には、追ってご連絡し、必要書類等について御説明・配信いたします。
5.申し込み期間:
2017年11月20日(月)- 12月22日(金)(正午)
定員に達したため応募を締め切りました。
6.担当:行方隼人、川原庸子(慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室)
7.注意事項(必ずご確認ください)
  1. 受講可能人数に限りがあります(定員30人の予定)。申し込み多数の場合は、申し込み順と参加資格を確認のうえ主催者側で参加者を確定しますので、申し込みされても受講をできない場合があることをご承知ください。なお、本研修会の内容は多職種協働を旨とすることから、医師と医師以外の医療従事者の複数参加を希望する施設からの受講参加を優先いたします。
  2. 受講確定と参加意思確認のやりとり、受講前の資料配信などはすべて電子メールで行いますので、必ず頻回に電子メールを確認してください(一両日で参加確認が取れない場合は、キャンセルとさせていただき次のかたに参加権利をお回しします)。
受講申込書(平成30年2月 東京)

北日本地区研修会2(今年度最後の研修会となります)

1.日時:
2018年2月10日(土)9:30-18:00
2018年2月11日(日)8:30-16:30

(全プログラムを受講していただくことで受講終了となりますので、二日間参加できる方のみ募集します。本研修会は、本研修会は、診療報酬算定要件研修であり、規定に則り実施されます。遅刻・途中退出の場合はいかなる理由でも修了書は発行されません)

2.場所:岩手医科大学 木の花会館 3階「会議室」
〒020-0015 盛岡市本町通一丁目17-5
http://www.iwate-med.ac.jp/education/school_life/uchimaru-campus/
3.参加資格:以下のすべての条件を満たす方
  1. 医療者(医師、看護師、ソーシャルワーカー、心理士、作業療法士)
  2. 所属施設がリエゾン診療報酬加算要件を満たすか、あるいは近々に満たす予定(すでに厚生局に届け出済みなど)のある施設
  3. 全日程・全プログラムに参加できる方(本研修会は、診療報酬算定要件研修であり、規定に則り実施されます。遅刻・途中退出の場合はいかなる理由でも修了書は発行されません)
  4. 医療機関の長(病院長)の推薦を得ることができる方
4.申し込み方法:
本ページ下部の「受講申込書」からリンクするPDFファイルに下記の必要事項を記入し、用紙に示された方法で送付してください。受講者お一人につき一枚の用紙でお申し込みください。必要事項は以下の通りです。
  1. 名前
  2. 所属(施設名、勤務先住所、部署名、採用職種名)
  3. 専門職としての資格と資格取得年月日
  4. 臨床経験年数
  5. 必ず連絡の取れる電子メールアドレス(携帯メールアドレス以外)
5.申し込み期間:
2017年12月17日(金)- 2018年1月12日(金)(17時締切)
※定員は18名程度を予定しており、定員になり次第締め切らせていただく場合もあります。
6.申し込み先・問い合わせ先:
〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
岩手医科大学附属病院 病院事務部医務課(担当:田沢日和、齋藤雅美)
TEL:019-651-5111 (内線3125)
FAX:019-651-6606
E-mail:hiyori.tazawa@j.iwate-med.ac.jp
7.注意事項(必ずご確認ください)
  1. 受講可能人数に限りがあります(定員18人の予定)。申し込み多数の場合は、申し込み順と参加資格を確認のうえ主催者側で参加者を確定しますので、申し込みされても受講をできない場合があることをご承知ください。なお、本研修会の内容は多職種協働を旨とすることから、医師と医師以外の医療従事者の複数参加を希望する施設からの受講参加を優先いたします。
  2. 受講確定と参加意思確認のやりとり、受講前の資料配信などはすべて電子メールで行いますので、必ず頻回に電子メールを確認してください(一両日で参加確認が取れない場合は、キャンセルとさせていただき次のかたに参加権利をお回しします)。
受講申込書(平成30年2月 岩手)

過去の研修会履歴です。
平成28年6月10日・11日 北日本地区研修会(札幌):終了
平成28年7月30日・31日 関東地区研修会(東京):終了
平成28年8月27日・28日 九州地区研修会(福岡):終了
平成28年10月1日・2日  関西地区研修会(大阪):終了
平成28年10月22日・23日 北日本地区研修会(盛岡):終了
平成28年11月12日・13日 九州地区研修会(北九州):終了
平成28年11月19日・20日 関東地区研修会(東京):終了
平成28年12月24日・25日 関西地区研修会(奈良):終了
平成29年1月7日・8日  九州地区研修会(熊本):終了
平成29年1月28日・29日 関西地区研修会(大阪):終了
平成29年8月25日・26日 北日本地区研修会(札幌):終了
平成29年11月24日・25日 九州地区研修会(福岡):終了
平成29年12月9日・10日 関西地区研修会1(大阪):終了


【おしらせ】
◇当学会は平成27年7月24日に日本学術会議協力学術研究団体に指定されました。


 2006年の自殺対策基本法の施行から来年で十年の節目を迎えるに当たり、参議院厚生労働委員会が2015年6月に政府に対し、自殺問題に関する総合的な対策の更なる推進を求める決議をされました。関係者のご努力に心より敬意を表し、感謝申し上げます。

 しかし、一方で、その決議では健康問題への言及が見当たらず、精神保健領域への対策の後退が懸念されるなどいくつかの問題がみられます。本学会の常務理事会において、この決議文に関する意見書をまとめましたので、ここに公表いたします。

2015年7月6日
一般社団法人日本自殺予防学会常務理事会一同

「自殺総合対策の更なる推進を求める決議」に関する意見
「自殺総合対策の更なる推進を求める決議」に関する意見・詳細版

第7回国際自殺予防学会アジア・太平洋地域大会

第40回一般社団法人日本自殺予防学会総会のホームページはこちらから
http://www2.c-linkage.co.jp/iasptokyo2016/

ページの上部に戻る
自殺予防学会 学会事務局
〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5
アカデミーセンター
(株)国際文献社内
一般社団法人
日本自殺予防学会事務局
TEL 03-5389-6491
FAX 03-3368-2822
メールでのお問い合わせ
メールアドレス

(2016.7.11設置)